求人情報

 
 

社員メッセージ

 

平成12年入社 北九州工事部 稲田 達哉

工事の工程・品質・安全・予算等の管理をしています。

現場は日々変化していきますので毎日が勉強です。その中で、不測の事態が起きた際、最善の方法を判断・指示する力が現場監督には求められています。
1つの工事を完成させるまでには、いろいろな工程があります。様々な障害に遭遇することも少なくありません。その時は先輩や工事従事者の力を借りながら解決して行かなければなりません。それら困難を乗り越え、配管工事が徐々に仕上がっていき、それが完成した時、大きな達成感を味わうことが出来ます。

このようにモノづくりのやりがいは、目的物が完成し形となって表れることに喜びや達成感を味わえることです。また完成までのプロセスの中で、自分で提案し実現する楽しさもあります。

この業界は、現在厳しい環境下にあり、社員は日々、向上心を持ち、無欠陥溶接工事を目指して業務に励んでいます。仕事の厳しさは当たり前ですが、社内風土は、時には楽しく、アットホームな雰囲気になる場合もあります。新人溶接工教育も充実しており、また、若手でも新しいことに挑戦できる機会もあり、自分自身のスキルアップを実践できる職場環境だと思います。

大切なのは自分の考えを持って、行動することだと思います。