パイプライン工事

 
 

 

ガスパイプライン工事

 都市生活に命を吹き込む大動脈「ガス導管」。江田工事株式会社は、ガス配管工事のスペシャリストとして、高中圧本管配管工事では、溶接接合の技術を駆使し、安全・効率的な工事を実施しています。
  ガスパイプラインの管には高強度・耐腐蝕性の鋼管はポリエチレン・コーティングされ、付帯設備にはバルブステーションなどが含まれます。
 予定される供給予測量から管の種類・サイズと最高使用圧力が決まり、通過経路と付帯設備が決められ、さらに内圧、土圧、温度変化による耐久度の変化や劣化と埋設環境により、掛かる荷重、地震リスクなどの影響も考慮して、管の材質と肉厚が計画され、その管の種類に応じた溶接接合となります。
 このような状況の中、ガス配管工事は気密性、耐圧性を要求されるので、溶接工事に高い技術を要求されます。弊社では、豊富な経験と訓練で腕を磨いた溶接技術者が多数在籍しており、安定したエネルギー供給の一助として力を発揮すべく、取り組んでおります。

プラント配管工事、熱供給配管工事

 プラント配管は、化学工場、食品工場など各工場で使われている様々な配管のことを指し、工場で使用する配管内は水道水や熱湯や酸素・様々なガス、製造に必要な液体が多く流れます。
 また、熱供給事業の配管には、温水、冷水が流れるため、二重配管が用いられます。
弊社が持つ溶接接合の資格内において、品質管理、技術向上、安全作業に努め、小さい口径から大きい口径まで、優れた溶接加工技術により、溶接工事を行い、日々技術向上を図っております。また、生活に欠かせない基盤となる業務に誇りを持ち、お客様の幅広いご要望に対応いたします。